読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

呂律 / a mode distinction

socio-logic別館です。

(9/4) ジャサノフ祭り2:「ジャサノフ『法廷に立つ科学』書評セッション」報告草稿検討会

event

要事前申込。
http://socio-logic.jp/events/201609_jasanoff.php

 2015年10月の科学社会学会大会にて開催した「ジャサノフ『法廷に立つ科学』書評セッション」のレポート草稿を検討する会です(レポートは2016年12月脱稿予定で準備中)。
 1995年に刊行された本書は 科学技術社会論STS)の古典と目されるものですが、法・行政・公共政策などに関わる内容を持つために、その領域に馴染みのない読者にとってはややハードルの高いものとなっています。その点に鑑み、学会大会における書評セッションでは、法学・政治学分野の登壇者を招き、社会学者への啓蒙を狙った企画を立てました。
 今回セッションのレポートを作成するにあたっては、新たに廣野喜幸さん(科学史)、横田明美さん(行政法学)をゲストにお招きして 草稿へのコメントをいただきながら、あらためてセッションを振り返りつつ、参加者の皆さんと 本書について さらに議論を深めることができれば、と考えています。

研究会概要

法廷に立つ科学: 「法と科学」入門

法廷に立つ科学: 「法と科学」入門