読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

呂律 / a mode distinction

socio-logic別館です。

酒井泰斗(2014)「研究経営における学術出版——一つの事例報告」

event

サーバの整理をしていたら公開していないファイルを見つけました。
2014年06月30日に東京大学本郷キャンパス(法文1号館216)にて行った「科学・技術と社会の会」例会」における報告を、数日後にまとめたものです。内容を見ると書きかけのようで、まだ書くつもりでいた──ので公開していなかった──ようですが、最早何を書こうとしていたのかも忘れてしまったので、この状態で公開してしまいます。

質疑応答の「質問」が記されていませんが、これはあとでオーディオファイルを確認して掲載します。


この講演を準備した時に考えたことは、『概念分析の社会学2』の「おわりに」でも使いました。